FC2ブログ
1日16時間以上働いていたサラリーマンでも稼げたネットビジネス!
プロフィール

68SATOSHI

Author:68SATOSHI
ヤフオクでカメラ販売をしています。
年収3000万円目指してがんばるぞ!!

最新トラックバック
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
節税はいつできるのでしょうか?


個人の所得の計算は1月1日から12月31日を計算年度とされています。

節税はいつできるのかといえば、当然期間内でないとできません。

あなたは、今から昨年の所得について節税をすることは原則的には

できないのです。

ところが、あなたはそんなことを言っていられないでしょう。

12月までにしなければならなかったことは来年にしても、

今からでも引けるものは引いてほしい!!

それが可能になる何らかの方法はないか知りたくはないですか?


今からできる節税方法


 前回、ご自宅での起業の方にとりましては、ご自宅と事業とに

 かかっている費用を事業に配分することができますといいました。

 これを利用するのです。

 自動車やパソコンや水道光熱費などご自身が収入を得るために使った

 分を計算すると随分圧縮できるのではないでしょうか?

 ネットビジネスでの懇親会などにかかった費用も経費に落とすことができる

 でしょう。

 一つ一つ見ていくと大きな額になるかもしれません。

 それをしていきましょう。

 でも本当に大丈夫?というところがわからないでしょうね。

 ここに税理士が必要な理由があるのです。

 税理士は多くの顧問先を見てきています。

 税務調査にも多く立ち会っています。

 だから、税理士の裁量が生きるのです。

 節税は、本や他のものでは判断できないのです。

 税理士があなたを知ってあなたに合った方法を指導することが

 ベストだからです。

 節税を考えるなら、税理士と付き合うのが一番の得であることが

 お分かりになられましたね。


 今回もお読みいただきありがとうございました。^^



サトシも契約している月5000円で顧問税理士はこちら♪




スポンサーサイト
2013/12/06 16:11 税金 TB(0) CM(0)
こんにちはサトシです。^^

オークションでちょっと利益出てるけど

「俺って確定申告せなあかんの?」

常に頭によぎりながらもわざと無視して

考えないようにする税金の問題。


もしあなたがサラリーマンやパートなどで

給料としてもらうこと以外に他に収入がなかったとしましょう。

この場合は、あなたが給料をいただいた会社などで年末調整を受ければ、

確定申告をすることはありません。

あなたが確定申告をする人なのかどうかが問題です。

つまり、給料でも2箇所以上や給料以外で収入がありましたら

あなたは、確定申告をするべき人であると思われます。

ただし、給料以外の所得が20万円以下の方や何も仕事をしていなくて

ネットビジネスだけであれば所得が38万円以下の方は

確定申告をしないでよいのです。




★確定申告はどのように計算するのか?
 
確定申告の所得はどのように計算するのでしょう。

所得は収入から必要経費を差し引きして計算します。

しかも所得には10種類からあり、ネットビジネスをしている人は、

『事業所得』か『雑所得』かの2つが考えられ、

これには大きな差があります。



どちらで申告するのがあなたにあっているかは、状況によって違います。

一般的には、個人事業者の開業の届けを出したうえ、青色申告の申請をすると、

『事業所得』として、多くの特典を受けることができます。

普通は、これが有利だと言われています。

収入は、あなたが得ている収入すべてを合計します。

当然、IDをたくさんとって口座を代えていても

実質原則であなたの収入だとみなされます。

隠すことはできません!!


その代り経費はその収入を得るために必要であれば、差し引く事ができます^^

領収書や請求書など証拠となる書類は必要です。

この必要経費に計上できるかどうかの判断が「節税」につながるのです。


例えば、ご自宅で休日に起業なさっているのでしたら、収入を得るために

必要な電気代や電話代、もし貸家であれば、家賃を事業用(店)と
 
家計(奥)とに按分して必要経費に計上できるのです。

 
このように、店と奥とを合理的な基準で按分して経費に計上することを

知っていれば、それだけ得ですよね。

でも、この経費って主観的だと思いませんか?

税務署員がいくらが正しいとは言えないですよね。

ここらへんの計算は税理士さんと相談するといいですね!



だから、このような経費について「節税」する方法が考えられると

いっても良いでしょう。

節税とは、経費を良く知ることです。

そのためには、収入と経費との計算をタイムリーにする必要があります。


だから、税理士さんが必要な理由は「節税」のためでもあるのです。


税理士さんとうまく付き合い

正しくお得に節税しましょう!!

今回もお読みいただきありがとうございました。^^





サトシも契約している月5000円で顧問税理士はこちら♪

2013/12/06 16:00 税金 TB(0) CM(0)
こんにちはサトシです。^^

確定申告の時期で利益が出てる人には頭の痛い季節です^^;

だって税金ってサラリーマンをやっていた人は

今まで会社がやってくれていたから

ほとんど知識がないのでめんどくさいですよね?



e-Taxって、聞かれたことがありますか?

インターネットを通じて確定申告をするというシステムです。

最近では税額控除などもできるようになり、本格的に始まりだしたのです。

今までは、確定申告をするときに、国税庁のホームページで入力していました。

それを打ち出して、医療費の領収書などと一緒に提出していました。

しかし、e-Taxで確定申告をすれば、申告書の打ち出しも医療費の領収書も

提出しないで、結果だけをインターネットで送信すればよいのです。


長く待たされることもなく、郵送料がかかることもなく、

しかも24時間受け付けられるのですから大変便利です^^


このe-Taxが普及すると、あなたと税理士との関係は、地域に限定されず

全国の優秀な税理士を選ぶことができるようにもなります。

確定申告はe-Taxでしましょうね。

今回もお読みいただきありがとうございました。^^



サトシも契約している月5000円で顧問税理士はこちら♪

2013/12/06 15:43 税金 TB(0) CM(0)
こんにちは、サトシです^^

みなさんご存じのようにオークションでも

ある一定の利益がでれば納税の義務が必要です!!

もちろん納税は必要ですが、必要以上に払う必要はありません^^

きちんと正しい知識で「節税」して抑えるところは抑えて

経費なども申告して、正しくお得に納税しましょう♪

特にネットビジネスで利益を加速させていく人は

きちんと納税しないと、法人化させたいときや

融資を受けたいときに信用が全然違いますので

必要な税金はきちんと納めるようにしましょう!!

今回もお読みいただきありがとうございました。^^



サトシも契約している月5000円で顧問税理士はこちら♪
2013/12/06 15:37 税金 TB(0) CM(0)
こんにちはサトシです^^

あなたは、オークションなどで収入を得たら、

どうするか知っていますよね?

あなたのお住まいの近くに税務署があるでしょ。

もし、サラリーマンやパート以外で収入があれば、

ある水準よりも上なら

その税務署に所得税の確定申告書を提出して納税しなければなりません。


ただし、赤字であれば納税しなくても良いですし、

給与の所得税が還付を受けることもできるかもしれません。



確定申告書を作成するには、まず収入の内訳や普通預金の出入りや

支出した領収書などを元に所得を計算することになります。

このときに良く使うのが、弥生会計や勘定奉行などの会計ソフトなのです。

この計算の期間は、個人は毎年1月1日から12月31日まで。

翌年の2月16日から3月15日までに税務署に確定申告書の提出です。


以上のことをしなければ、ある日突然、税務署があなたの過去7年間の所得について

調査をするということを言ってくるかもしれません。

罰金や追徴課税、その後の市民税も入れると大きな額になるかもしれません。

膨大な追徴課税を取られてビジネスがストップ!!

このようなことのないように正しく計算し合法的に節税しながら申告する。

この税務署とあなたのパイプ役をするのが、税理士なのです。

税金のことは素人には難しいので

ここで時間を使うくらいなら

税理士さんにおまかせして

あなたはビジネスに集中して稼ぎましょう!!


まず、第一回は、税務署とあなたとの関係と税理士の役割について

わかっていただけましたか?

今回もお読みいただきありがとうございます^^



サトシも契約している月5000円で顧問税理士はこちら♪

2013/12/06 15:25 税金 TB(0) CM(0)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。